(社)大阪総合医学・教育研究会のあゆみ
 わが国での子どもの問題では毎年増加し続ける不登校や、最近とくに話題になっている凶悪犯罪から学級崩壊など種々のものがあります。大阪大学医学部付属病院小児科で診療をしていた冨田は、このような問題があまり話題にならない頃(昭和50年)から、子どもを従来の身体からだけを診るのでなく、心身両面から診ていくことを提唱し、児童精神科の研修をしながら、心身症外来を阪大小児科に開設すると共に、「大阪小児心身症研究会」を昭和52年に創設しました。

 この研究会はその後、他大学の小児科医や臨床心理士の協力を得て、年に10回の例会を定期的に開けるようになり、その活動の公益性や先駆性が認められ、昭和60年〔1985〕年に大阪府から社団法人の認可がなされました。

 社団法人化を機会に名称を「(社団法人)大阪総合医学・教育研究会」と改め、翌年の11月に付属の「こども心身医療研究所」を開設し、12月から「付属診療所」が保険診療を始めました。

 社団法人化されたときの理事長は関西の誇る指揮者の朝比奈 隆(故人)で、理事には同じく関西の誇るバイオリニストの辻 久子、経済界からは江崎グリコ社長江崎 勝久、サントリー社長(当時)佐治敬三(故人)、アップリカ社長葛西 健蔵、医学界からは阪大・大阪市立大・大阪医科大・関西医科大・近畿大学の5大学の小児科教授が名を連ねました。(なお、現在は辻久子が名誉理事長を務め、こども心身医療研究所・所長の冨田和巳が理事長を務めております)。

大阪総合医学・教育研究会
 文字通り総合医学と総合教育を統合した形で研究を進める学術団体として、大阪府から社団法人の認可を受けた公益法人です。小児科医でありながら教育界で主に活躍した高木俊一郎大阪教育大学名誉教授(故人)の命名です。

 公益法人としての活動は各種講演会の開催や関連書籍の発行、各機関への指導を行ない、大阪小児心身症研究会から続く学術例会は平成13年に第200回を迎え、平成22年3月で第279回を終えました。現在は第300回に向かって新たなる歩みを始めています。子どもに関連する領域で仕事をされている方なら、どなたでも入会できますので、お問い合わせください。

こども心身医療研究所・診療所
 わが国ではじめて心療小児科なる名称を使い、子どもを医学的・心理的・教育的に総合的に診る機関として、(社)大阪総合医学・教育研究会の付属機関として開設されています。診療・相談業務は可能な限り保険診療で行い、不可能な部分をできるだけ低額に設定した費用で行なっております。

 現在は非常勤を含め小児科医10名、精神科医1名、内科医1名、臨床心理士8名、カウンセラー3名、教師1名、事務職5名で運営しています。

← 戻る ←